広告
その日のために!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時間

こんな時間かんであありますが、まったりと最近マイブームの梅こぶちゃなどをすすりつつ。

先日入院しました。まぁ地元の病院に夏の疲れをとるために…の予定で。

こうも好き勝手に入院したり退院したり、家で点滴やるとかいいはじめたり。他のかんじゃさんなら笑顔でおひきとりねがうってところなんざんしょうけど、どうやら妻がここの社員らしい

おかげさまで好き勝手治療してもらってたのですが、今回ばかりは「切るか、大学行くか」…正直最近は東北病院大学が滅法遠く感じる。大震災でナビ上は2mほどこちらに近づいてるいてるはずんなんだがねぇとおいのよ、月山と蔵王越えの大学受信は。

こんかいははじめに胸の感染してしまったポートを取り出し、腸から漏れ出てふくまくのあいだにヤバめに痛い膿を形成している組織を外に誘導すべく「無理矢理引っ張りたりしてまうといたいですから。ゴムカンを体内に半分入れて縫合。ほんの1時間ではあるのですが、まさに「外科医の独壇場」他の人が迷い込むすきなど微塵もない。

で、麻酔がきれたあと医師に尋ねる

「ふとももが麻痺したままなんだが」
少し様子を見ましょうとありきたりのへんとうだよ。

手術終わって3日目だけど、「ああ、損傷しやがりましたのね」

さぁどうしてくれようぞ

VF-171EX組み立てについて

VF-171EXの組み立てを簡単ですが画像で追って行きたいと思います。

inst101.jpg

まず機首とそれに繋がる後部パーツ(バトロイドで背中になる部位)を接着

inst102.jpg
コクピット脇のパーツを機首のダボにあわせ接着

inst103.jpg

コクピット脇のバルカンとアンテナを接着。アンテナは先に取り付けたほうがいいですね。

inst104.jpg

後方のパーツを画像を参考に取り付けます。しっかり仮組みしてください。

inst105.jpg
inst106.jpg

腕パーツを取り付けます。取り付け前に、袖口になるフィンを取り付けてください。

inst107.jpg

足の全パーツです。つま先はアンクルガードを通してから接着します。

inst108.jpg

足が組みあがったら、ふくらはぎに当たる部位をダボに合わせて張り合わせます。
また、ダボに合わせて画像の長方形のパーツを取り付けます。
inst109.jpg

武器の配置です。三連ミサイルは画像を参考に。またミサイルには三角のフィンがついておりません。0.5ミリプラ板で自作をお願いします。
画像は用意できなかったので、後日フォローしたいと思いますが、ネットで検索すると出てくるのでそちらを参考にするとよいでしょう。

inst110.jpg

左腕の4連ミサイルポッドは、ABCDの刻印と上下を示す矢印があるので、向かって左から順序にダボに合わせて組み立ててください。
基部は真鍮線穴を参考に腕に取り付けてください。

inst111.jpg

ライフルの構造パーツになります。画像を参考に組み立ててください。

inst112.jpg

ライフルとミサイルポットの取り付け位置です

inst113.jpg

羽と太ももを取り付けたら、本体に取り付け、先ほど組み立てた足のパーツをそれに繋がるように取り付けます。足に取り付けた板と背中に当たる部分を接着すると全パーツ組み立て完了となります。

後日デカールデータを公開予定です。インクジェット用のデータとなりますので、インクジェット用デカールを使ったことない方もこの機会に挑戦してみてください。と言う私も使ったことないです。

VF-171EX組み立て説明書

VF-171EXのパーツリストです

ins-03.jpg
ins-002.jpg
ins-001.jpg

全パーツリストです。羽に装備されている6角形のバルカンは1つだけです。時間がなかったのと、マクロスFのOPで片方しか装備されていなかったので。
 自分で追加で作ると言う方は鉛筆にプラ板を貼り付けて作るときれいな6画柱が作れますのでがんばってください。

キャラホビ2011

chara-2011.jpg

キャラホビに参加された皆様お疲れ様でした。相変わらず体調不良での参加となりました。モデラー諸氏のバックアップのおかげで出品したVF-171EXを完売することが出来ました。体調次第ではありますが、長らく中断していた模型活動を少しづつ再開していきたいと思います。

 ご迷惑をおかけしているかたがたが沢山いるので、いっぺんにとは行きませんが取り急ぎ暁の完成、ゲンガオゾ、HI-νガンダムと中断している製作物を完成させたいと思います。
 本当にご迷惑おかけして申し訳ありません。

VF-171EX.jpg

1/144 δガンダム

δガンダムです。以前MGベースで作ったのですが、今回は、何故かユニコーンを塗装中、上半身を塗り終えたら飽きてしまい、その辺に放置してあったUCHG百式とZガンダムが目に止まり、何となく製作開始。元々作る気ではいたのですが、金欠でMGキットは手放したので、今回は1/144でごめんなさい。

IMGP8419.jpg IMGP8423.jpg

頭部と上半身はZベースです。切った貼ったしてエポパテで修正。足りない所はプラ板で足しています。まぁなんちゃってδですからこんな感じで。
フロントアーマー、フンドシ、サイドアーマーは百式の物を芯にして、プラ板エポパテで修正。股関節の可動域を広げる加工をした後、太ももで2ミリ延長してます。ちなみに接着剤は使わず、溶接です。十和田工業のヒートペンを使っているので強度は抜群ですぜ。 1日目の製作終了。

真溶媒材ー乾いた塗料も捨てられない!

 GWお疲れ様でした。tomo-3は実家の仙台に子供達を連れ帰省中でした。帰省先には模型店がいっぱいあるので、あちこち回りたいのをぐっとこらえて、名取りビーヤングへ帰りによって来ました。

 HJ紙でその発売は確認できていたのですが、こちら田舎の山型ではその陰も形も見なかった「クレオス真溶媒材」を発見っ!これ如何に!と言う事で、GWで軽くなった財布をはたいて買って来ました。




IMGP8398.jpg

こちら真溶媒材。隣が放置したためかピカピになって使えなくなった塗料です。どうしても私は体調不良や長期入院の為に塗装を長期に渡り中断する事があり、その期間中塗料がお亡くなりになる事が多かったので、もしこれが本当に使える物ならどんなにいい事か。わくわくしながら実験実験。

IMGP8400.jpg

二もこんな感じになるほどガピガピの状態です。完全に乾燥/硬化してしまった物には1:1で使用との事。

IMGP8399.jpg

するとどうだろう!とろっといい感じに塗料が復活しましたよ奥さん!ほんとTVショッピングの売り文句のように、塗装に耐えられるような状態に復活したではありませんか!クレオスさんこういう物は出し惜しみせずにもっとはやく販売してよ~。

これはとにかく成功ですが、他にも10本程試した所、その硬化具合、色等により溶け易いもの、そうでない物が存在するようです。が、とにかく触媒材を突っ込んで一昼夜は放置しておけば、問題なく使えるものになると確認できました。いいねぇコレ。

MG ZZガンダム

IMGP8345.jpg


次はこれを是非。で、なんでこんな物が突然出てくるのだと?いや~この5年の体調不良で途中まで製作勧めて頓挫してしまった模型の多い事。大腸の手術した後あたりの物はほとんどが放置&御蔵行き…ならまだ良くて廃棄処分されている事多し。しかしながら何故か奥の奥から丁寧に梱包されて出てきたこのFAZZは、何となくこのまま完成まで持っていけそうな気が…しないでもない。ここまで改造してあるんだから日の目見せてやりましょう。って事で、趣味の模型はこのFAZZ改造のZZって事で。リハビリ兼ねて早期完成を目指します。

Appendix

プロフィール

tomo-3

Author:tomo-3
tomo-3です。ensing管理人。佐藤匠真で電撃ホビーマガジンの作例をさせていただいておりました。遠心注型の研究をこよなく愛す原形師

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。