広告
その日のために! |ザク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザク

IMGP7458.jpg IMGP7452.jpg

頭部・胸部

頭部は後頭部にある穴二つを溶接により穴埋めを行いました。
口のエアダクトは0.5ミリプラ板を張り付け開口。薄い感じに。
胸部は、山の頂点がかなり上にあるので、溶接作業によりかなり下の方に頂点を移動。
それに合わせて、そのままだとみぞおちのように凹んで見えるので、コクピットハッチ下半分はエポキシパテで形成いたしました。

腰部 

フロントアーマーは二枚を上部でつなげて一枚ものにします。その際上端を形状変更。下端も変更。溶接で形状変更しているので何処を何ミリとは言えないのがネックですかね。このあと表面処理を行います。後でね。
センターアーマーですが。0.8ミリ分のプラ板を両サイドに張り付け、厚みのある重厚なものになればいいなぁ~と。

IMGP7476.jpg IMGP7447.jpg


IMGP7448.jpg IMGP7459.jpg


IMGP7462.jpg IMGP7456.jpg IMGP7474.jpg

脚部

アーマー類に配置された全てのモールドを溶接にてうめてあります。まぁあとで掘り直すのですが、硬度が同じプラザイなので、プラとパテの高度さによるワレを起こさないのはとっても気持ちいい!とだけ行っておきましょう。後日ここもモールド入ります。
 足の動力パイプにはプラペーパーを切り出し、モールド追加した物を一枚一枚張り付けております。地味な作業ですが、太くなるし、ディテールはいるし、流行のアルミパイプに交換ッてだけでは味気ないかなと思うので、してやったりかと、自己満足。

太ももをセンチネルザク風の物にこれから形状変更を続けます。


続きは時間が出来たら。
IMGP7475.jpg

Appendix

プロフィール

tomo-3

Author:tomo-3
tomo-3です。ensing管理人。佐藤匠真で電撃ホビーマガジンの作例をさせていただいておりました。遠心注型の研究をこよなく愛す原形師

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。